保険マンモスの強みは?


保険マンモス

 

インタビュー開始!

と言うわけで、古橋さん(写真左)と戸松さん(写真右)にお話を伺うことができた。インタビューは終始、和やかな雰囲気で行われました。

 

まずは月並みに「御社の強みは・・・」

最初はこちらも緊張しているので、まずはジャブ程度の質問をかましてみる。

「御社の強みを教えて下さい」

すると、待ってましたとばかりに、古橋さんが答えてくれた。

 

「実は弊社は、保険相談業界の最大手なんです」

保険マンモスさんは、ソニー生命で常に上位10%に入っていたトップセールスマンだった現社長が、2005年に立ち上げた会社。当時は同業他社もほとんどなく、まあ言ってみれば保険相談業界の老舗なわけです。そして、当時はファイナンシャルプランナーの認知度もそれほど高くなく、はじめから優秀なファイナンシャルプランナーを多く囲い込むことができたのだとか。もちろんソニー生命時代の人脈もあったわけだが、とにかくそれが現在でも質の高いファイナンシャルプランナーを確保でき、今では品川にオフィスを構えるほどの大会社になったのだとか。

 

 

もっとセールスポイントないの?

さっきの質問はうまく立ち回られた感があるので、もう少し突っ込んで聞いてみた。

「イエローカード制ってあるみたいですが・・・」

これにも待ってましたと、今度は戸松さんが答えてくれた。

 

「実際には、あんまりイエローカード出す人いないんです」

イエローカード制とは、保険マンモスが採用している、お客様を守る制度。紹介したファイナンシャルプランナーが無理に入会を薦めてきたりしたときに、お客さんは保険マンモスにイエローカードを出すことができる。すると即座にファイナンシャルプランナーを交代したり、場合によっては保険相談を中断したりでき、イエローカードを出されたファイナンシャルプランナーは、何度も出されると契約を解除されることもあるらしい。

でも実際には、イエローカードを出してくるお客さんはほとんどいないらしい。いても「10分前に来なかった!」とか「相談場所のカフェがタバコ臭かった!」とか「おじさんの顔がキモい!」など、それはちょっと許してあげてよ・・・となってくるようなクレームなんだとか。クレームらしいクレームがないのは、イエローカード制を敷くことによる、ファイナンシャルプランナーの抑止効果が大きいのだそうだ。

 

それともう一つ

「アンケートの返信率が40%なんです!」

相談の後、アンケートを書いてもらってるらしいのだけど、その返信率が4割もあるらしい。別にアンケートに答えたからって、プレゼントがもらえるわけじゃなく、しかも5分程度では終わらないほどの結構なボリュームがある。それにもかかわらず、実に4割ものお客さんがアンケートを回答してくれてるというのはちょっと驚きだ。しかも、フリーで書く欄には、かなりの長文を送ってくるお客様が少なくない。その上で、満足度が96%もあるんだって。実はまじめにすごいかもしれません。

 

次はかなり攻めてみた ぶっちゃけ「ほけんの窓口」ってどう思います?>>

保険相談する

 

コンテンツ

 

保険マンモスについて

 

保険相談サイト

 

保険相談する

 

何が違う?

保険マンモスとほけんの窓口
違いはこんなところ


保険マンモス VS ほけんの窓口
(別サイトに移動します)

 

保険マンモスに取材に行ってきた

 

Facebook始めました